アーマンド・セラは 16 歳の時からプロフェッショナルなギタープレイヤーだった。
当時は週末のダンスホールで演奏したり、最初のバンド MAD BRAIN (!) でハードロックをプレイしていた。
アーマンドは南フランスの街カストルのジャン・ジョレス高校に通っていたが、授業中もコミックスタイルの絵を描くことに熱中していた。
アーマンドの未来のキャリアに大きく影響した要素はイギリスの音楽紙 MELODY MAKER の中にあった。
巻末のページは "ギタリスト求む!"の募集で埋め尽くされていた。
そしてロンドンからの呼び声は抗い難く、渡英を決意した。

「自分のものは殆ど売り払い、ボロいシムカのトランクにフェンダー・ストラトキャスターを積んで、カストルからロンドンまでの道を鉛筆でなぞったフランスの地図をポケットに突っこんだら出発さ。2 日後にはもうロンドンに居たよ!」

当時のロンドンでアーマンドはスコーピオンズ、シン・リジィ、モーターヘッド、アイアン・メイデンなど多くのバンドのオーディションに参加した。
また、レッド・ツェッペリンやピンク・フロイドのアルバムのアートワークで著名な HIPGNOSIS での仕事を得ようともしていた。
「何度も働かせてくれって押しかけては彼らを困らせたよ。でも、彼らは誰も雇う予定はなかったようだね。」

バンド活動やギター講師をしていた頃のある日、アーマンドがカーナビー・ストリートを歩いていると、小さなジュエリー店で販売のアルバイト募集の張り紙を目にした。
アーマンドはそこで働き始め、やがて毎日働くことになった。

当初、アーマンドは店で売っていたジュエリーにはそれほど興味はなかった。
「ただの仕事だと割り切っていたよ。でも、少ないけどそこそこ安定した収入にはなったので、これで音楽や絵、デザインなど他に興味があることができると思ったのさ。」

ジュエリーに関する専門知識はなかったが、アーマンドは自身の絵描きの才能に音楽への情熱を掛け合わせ、後に “芸術的でロックなジュエリー” と呼ばれるものを生み出す可能性に気付いた。

毎日、店を閉めてからアーマンドは作業を始め、ラージイーヴルスカルリング、プレイグリング、その他多くのスカルリング、ウルフリング・ペンダント、スネークリング、タイガーリング、ソードペンダント、ギターペンダントなどひたすら創り続けた。
後に名作と呼ばれるこれらのデザインは 100 を超えた。

「あの頃、俺はただの販売スタッフだったけど 1986 年の SOUNDS 誌に紹介されたよ。 “ARMAND THE FROG”って意味深なタイトルでね!」
1989 年の KERRANG 誌では、オーナー自らが店の全ての作品はアーマンドによるデザイン、製作であることを語っている。
「アーマンドが来る前は方向性も何もあったもんじゃなかったさ…」とは彼自身の言葉である。
1991 年、MTV の Headbangers Ball にてアーマンドはロック界のジュエリーデザイナーとして紹介された。

音楽面においては、アーマンドはヴァン・ヘイレンスタイルのロックバンド PANAMA でリードギターをプレイした。
当時アーマンドはジャクソン社と契約を結び、様々なイベントでジャクソンのギターでデモンストレーションを行った。

そして変化の風が吹くと新たなページを開く時がやってきた。

1992 年 3 月、アーマンドとジャネット・オースティン - 先の店で出会い、約 8 年間共に働いた - はロンドン中心部のコヴェントガーデンに CRAZY PIG DESIGNS をオープンした。

「CRAZY PIG は自分のバンド名にするつもりだったけど、バンドの皆に却下されてね…そっちは PANAMA になったよ。ジャネットと俺はネイティヴ・アメリカンのジュエリーや名前が好きだったんだ。Crazy Horse, Crazy bear, Crazy Dog とかね。で、Crazy Pig にしたってわけ!あとはシンプルに Designs を付け足したんだ。それこそ俺らがやっていることだったからね。ジュエリーや T シャツ、アルバムの表紙、ギターやそのパーツ、ポスター、その他いろんなもののデザインさ。こうして店の名前は CRAZY PIG DESIGNS になったんだ。”アーマンド・セラ & ジャネット・オースティン・ジュエリー”なんて名前だったら、なんだか退屈でもったいぶった感じだよね。」

CRAZY PIG DESIGNS がそのドアを開け放ってから 20 年、セラ夫人となったジャネットの女性的で繊細な感性とアーマンドの技術の融合は広範囲に亘るスタイルでありながらも CRAZY PIG DESIGNS 独特の 1000 を超えるデザインを生み出してきた。

シンプルな平打ちリングからカスタムメイドのナイフまで、プラチナ、ゴールド、ダイヤモンドや様々な貴石によるこれらの一点物の作品は今や CRAZY PIG DESIGNS の特徴の一つである。

映画やビデオ、広告、コンサート、雑誌などでセレブリティ達が CRAZY PIG DESIGNS のジュエリーを着用しているのを気付かぬ間にご覧になった方も多いことだろう。

無論、CRAZY PIG DESIGNS はスカルリングで世界的に有名であるが、驚くことなかれ、実はスカルリングは CRAZY PIG DESIGNS のコレクションの 内、10% 程度に過ぎない。

新たに展開されているレザー製品には CRAZY PIG DESIGNS 製スターリングシルバーのパーツが配される。

全ての作品は完全にCRAZY PIG DESIGNS内で手作業にて製作されている。
デザイン、マスターのカーヴィング、シルバー、ゴールド、プラチナの鋳造、石留めなどの全ての製造工程を管理し、全てのアイテムを手作業の磨きで仕上げている。

日々の顧客であっても、とびきり要求の高いセレブリティの顧客であっても等しく高品質なジュエリーを提供することは CRAZY PIG DESIGNS の誇りだ。

VIP 顧客は誰かと尋ねられた時の答えはこうだ。
ビートルズから 2 人、ローリングストーンズから 3 人、他にも大勢!
詳細は VIP セクションを参照。

最後に
この数年間、我々はエンターテイメント界のビッグネームから審美眼のある個人まで、非常に広範囲に亘る顧客が常連に加わったと胸を張って言えるようになった。
彼ら皆が特別な買い物のため、何度も CRAZY PIG DESIGNS を訪ねてくれる。
これこそ CRAZY PIG DESIGNS のジュエリーが時代や流行に関係なく長年に亘り大切にされてきた、何よりの証拠と言えるだろう。
我々は大量生産の手軽さに屈したことは一度もなく、たとえ効率が悪かろうと、これからもロンドンの工房で全ての CRAZY PIG DESIGNS のジュエリーを手作業で作り続けるだろう。
我々にとって、顧客の喜びと満足がこの上ない報酬である。
アーマンド・セラ

私共 CRAZY PIG DESIGNS は今日も新しいデザインや作品のアイディアと共に歩みを続けています。
人生とは時、場所、記憶を巡る旅のようです。
時や場所の記憶は、時を超越する独創的な私共の作品と共に永遠となり、貴方の旅-人生-の大切な宝となることでしょう。
そして、未来と更なる旅-人生-を見つめて…
皆様に感謝をこめて
ジャネット・セラ

SOUNDS interview 1986 METAL HAMMER interview 1989 Some of ARMAND's early designsArmand Serra - Guitar Player